しかのしま資料館

2022年9月14日(水)

しかのしま資料館

志賀島の歴史をもっと知るために、今日はまじめに「しかのしま資料館」に行ってきました。

「しかのしま資料館」は志賀島の北部にある『休暇村志賀島』の東側にあります。

江戸時代に志賀島で金印が発見されたことは有名ですね。
館内には金印の大型模型の展示をはじめ、<志賀島の歴史><無形文化財><万葉集と志賀島><元寇と志賀島><志賀島の産業>のテーマにわかれていて、それぞれの写真パネルや島の出土品、昔の島民が使用していた農具や漁具の民族資料などさまざまなものが展示されています。

▲志賀島の模型とパネル展示

資料館に入ってすぐのところに志賀島の模型が展示してあり、島全体を見ることができます!

▲昔の島民が使用した農具や漁具

上の写真の右側に見える黒くて四角いものは何でしょう??ずいぶんと錆が見えますね。
ちょっと拡大してみます。

そう、金庫ですね。上にある木札には『金庫 志賀町役場』と書いてあるのがわかります。
高さ1m、横1m程のすごく頑丈そうな金庫で、中に何を保管していたのか気になりますね。

▲文永の役、弘安の役で元軍が着用した兜

▲当時の漁の様子でしょうか

「しかのしま資料館」では志賀島の歴史を一からまるっと楽しく学ぶことができます。
ファミリーで、カップルで訪れてみるのもいいかもですね。

最後に、十ヶ条を読んで終わりにします。

帰り際に『ちゃんぽんシャワー』で名物ちゃんぽんと唐揚げを美味しくいただきました!

次回、ちゃんぽんシャワーに続く、、

Recommended

おすすめスポット